ケノンで冷やすのめんどくさいに関する記事のアイキャッチ画像

広告 ケノンの効果的な使い方

ケノンで冷やすのがめんどくさい!保冷剤じゃなくてジェルじゃダメ?

2023年12月8日

※アフィリエイト広告を利用しています

  • ケノンを使う際、毎回冷やすのが本当に必要なの?
  • ケノンの冷却はどうすれば効率的でラクにできるの?
  • ケノンで冷やすのめんどくさい時、冷却を省略しても大丈夫?

このような疑問や不安があるのではないでしょうか?

ケノンの使い方について、冷やすのがめんどくさいと感じるのはとてもよくわかります。

この記事を読めば、その疑問や不安はなくなります。

この記事でわかること

  • なぜケノンに冷却ジェルを使用すべきではないのか
  • ケノンで肌を冷やす効果について
  • ケノンでの適切な冷却方法とは
  • ケノンの冷却に保冷剤以外の方法はあるのか
  • ケノンで冷やすのがめんどくさい時の対処法

この記事を読んで、ケノンでの冷却がもっと楽に、そして効果的に行えるようになります。

ケノンを使う際のストレスが減り、より快適に脱毛を楽しめるようになることでしょう。

  • 夫婦でケノンを使い倒して3年のケノンマニア
  • ケノンのよくある疑問や口コミを体を使って検証
  • ケノン購入者や購入を考えている人の不安や疑問を解消
  • 詳しいプロフィールはこちら

なぜケノンに冷却ジェルを使用すべきではないのか?

ケノンを足に使っている様子

冷却ジェルの付着がケノンの照射面を破損させる可能性

冷却ジェルを使わない理由は、ケノンの照射面の破損リスクがあるからです。

冷却ジェルが照射面に付着すると、ケノン内部の精密な部品に悪影響を及ぼします。

照射の際にジェルが温められ、高温状態でガラス面に固着することで、ランプが割れる可能性もあるのです。

また、冷却ジェルやスプレーを使うことは、ケノンの故障のみならず、保証対象外となる原因にもなります。

修理費用がかかるだけでなく、最悪の場合、新しい脱毛器を購入する必要が出てくるかもしれません。

これは経済的にも大きな負担となってしまいます。

ケノンの照射面を守るためにも、冷却ジェルの使用は避け、正しい冷却方法を守ることが重要です。

ケノンを長持ちさせるための大切なステップですね。

ケノンで肌を冷やす効果について

ケノンで肌を冷やすことは、脱毛処理においてとても大事なポイントです。

ケノンを使う際に肌を冷やす理由は、主に照射時の痛みの軽減と肌へのダメージを最小限に抑えるためです。

脱毛器を使用する際、光照射による熱が肌に刺激を与えることがあります。

特にケノンのような高いパワーを持つ脱毛器では、その熱が強く感じられるでしょう。

この熱が原因で肌が赤くなったり、時には軽い痛みを伴うことも。

冷却を行うことで、これらの不快感を軽減できますよ。

ケノンでの適切な冷却方法について詳しく解説

ケノンでの適切な冷却方法について解説します。

  • ケノン付属の保冷剤で冷却することが推奨されています
  • 小さい保冷剤はVIOや顔などに適しており、使いやすい
  • 保冷剤は3~5個持っていると便利です
  • 大きな保冷剤も便利!

以上の4点について詳しく解説していきます。

ケノン付属の保冷剤で冷却することが推奨されています

ケノンでのムダ毛ケアをする際には、冷却がとても大切です。

ケノンに付属している保冷剤を使うことが特に推奨されていますね。

この保冷剤はケノンのセット内容に含まれており、お肌を冷却するのにぴったりです。

使用する際には、保冷剤を冷凍庫でキンキンに冷やしておいて、使う直前に取り出しましょう。

冷却することで、照射時の熱や痛みが軽減され、快適に脱毛が行えますよ。

小さい保冷剤はVIOや顔などに適しており、使いやすい

小さい保冷剤は、特にVIOラインや顔などの狭い範囲や曲線が多い部位に適しています。

これらの部位は、大きな保冷剤では冷やしにくいことが多いです。

小さい保冷剤を使うと、より狭い範囲にフィットし、効果的に冷却することができます。

VIOラインには、細身の保冷剤が特におすすめですよ。

保冷剤は3~5個持っていると便利です

全身の脱毛を考えている場合、保冷剤は3~5個持っていると便利です。

なぜなら、1個の保冷剤を使っているうちに温まってしまい、冷却効果が低下するからです。

複数持っていることで、1個が温まったら別の冷たい保冷剤に交換できます。

そのため、連続して快適に脱毛処理を行えるのです。

ケーキ屋さんや100円ショップで手軽に入手できるので、ぜひ複数用意しておくと良いでしょう。

大きな保冷剤も便利!

大きな保冷剤も、ケノンを使用する際には非常に便利です。

特に、広範囲の部位を脱毛する場合には大きいサイズの保冷剤が役立ちます。

例えば、腕や脚などの広い面積を一度に冷やすことができるので、効率的に脱毛処理を進めることができます。

大きな保冷剤は、小さいものと交互に使うことで、全身の脱毛をスムーズに行うことが可能です。

小さい保冷剤は細かい部分や狭い範囲に適していますが、大きな保冷剤はそれより広い範囲をカバーできるので、脱毛処理の効率が格段に上がります。

保冷剤のサイズを使い分けることで、より快適で効率的なケノンを使ったムダ毛ケアを実現できます。

照射する部位に応じて、適切なサイズの保冷剤を選ぶことを心がけましょう。

私の体験談:ケノンの冷却は慣れればラクになる!

ケノンを足に使っている様子

最初はケノンの冷却が面倒に感じるかもしれません。

しかし、使い続けるうちにこのステップもすぐに慣れ、スムーズにできるようになります。

実際に冷却の流れに慣れると、1部位を冷やして照射するのにそれほど時間はかかりません。

顔なら2,3分程度で十分です。

特に夏場などは、冷たい保冷剤が気持ちよく感じられ、脱毛後のスキンケアにも最適です。

ケノンを使用する際には、「保冷剤で冷やす→照射→再び冷やす」というシンプルな手順を覚えておきましょう。

冷却は少々面倒に感じるかもしれませんが、ケノンを効果的に使うためには必要なステップです。

慣れるまで少し時間はかかるかもしれませんが、継続することで脱毛効果を実感できるようになりますよ。

ケノンの冷却には保冷剤だけ?他の方法は存在するの?

ケノンの冷却については、基本的に保冷剤の使用が推奨されています。

ケノンには冷却機能がないため、照射前後の冷却が必要です。

保冷剤はケノン購入時に無料でついてくるので、その保冷剤を使いましょう。

どうしても保冷剤が用意できない場合は、固く絞ったタオルを冷やして代用することもできます。

しかし、すぐにぬるくなってしまうので、保冷剤がおすすめです 。

最適な冷却方法を選ぶことは、ケノンを安全かつ長持ちさせるために重要です。

保冷剤を正しく使って、快適な脱毛を楽しんでくださいね。

ケノンでおすすめの保冷剤

ケノンで肌を冷やす保冷剤は付属品でも十分ですが、私はロゴスの「氷点下クーラーバッグ」という保冷剤を使っています。

created by Rinker
¥1,155 (2024/06/13 04:56:31時点 楽天市場調べ-詳細)

この保冷剤は、通常の保冷剤よりも温度が低くなるため、より痛みを感じづらいです。

また、サイズが大きいので一気に広範囲を冷やすことができて時短になります。

ただし、冷たすぎて直接肌に当てられないので、タオルなどで包んでから使ってくださいね。

ケノンで冷やすのがめんどくさいときは冷やさなくても大丈夫?

ケノンで冷やすのがめんどくさい時は、冷やさなくても使うことができます。 

しかし、ケノンを使う際のはしっかり肌を冷やすのがおすすめです。

もし冷却を省略してしまうと、照射時の痛みや肌への刺激が増す可能性があります。

また、肌トラブルが起きると、脱毛効果が得られなくなる恐れもあります。

確かに冷却は少し面倒かもしれませんが、安全かつ効果的な脱毛のためには欠かせない工程です。

冷却は少々面倒に感じるかもしれませんが、肌を守るため、またケノンを効果的に使うためにも、必ず行ってくださいね。

ケノンで冷やすのがめんどくさい、保冷剤に関するよくある質問

使える保冷剤の種類は?

ケノンには通常、使用に適した保冷剤がセットになっています。100円ショップで売られている保冷剤でも問題ありません。

保冷剤の使用回数は?

保冷剤は一度使用したら、冷凍庫で再び冷やす必要があります。複数持っていると交換しながら使えて便利です。

保冷剤が冷たすぎるときは?

保冷剤が冷たすぎる場合は、ハンカチやタオルで包んで肌に当てると良いです。これにより直接肌に触れる冷たさを和らげることができます。

保冷剤が溶けてきたら?

保冷剤が溶けてきた場合は、効果が低下します。冷凍庫でしっかりと再冷凍し、常に冷たい状態の保冷剤を使用しましょう。

保冷剤で肌が濡れる場合の対処法は?

保冷剤をハンカチやキッチンペーパーで包むことで、結露による水滴を防ぐことができます。

保冷剤はどこで購入できる?

保冷剤はケノンのセットに含まれていることが多いですが、必要に応じて100円ショップやケーキ屋さんでも購入可能です。

下の記事では、冷やすこと以外にもケノンを使う上で重要なことについて解説しています。

ケノンの使い方について

ケノンで冷やすのがめんどくさい!保冷剤じゃなくてジェルじゃダメ?【まとめ】

ケノンを使う際に、「冷やすのがめんどくさい」という問題について、この記事では詳しく解説してきました。

ケノンで冷やすのがめんどくさいと感じる時のために、以下のポイントを押さえれば、もっと快適にケノンを使いこなせるでしょう。

ポイント

  • 冷却ジェルはケノンの照射面を傷つける可能性があるため、避ける
  • ケノン付属の保冷剤を使用することで、肌への冷却効果を最大化
  • 小さめの保冷剤はVIOや顔に適しており、使い勝手が良い
  • 保冷剤を3~5個用意しておくと、連続使用時に便利
  • 大きな保冷剤も、広範囲を効率的に冷却するのに役立つ

ケノンで冷やすのがめんどくさいと感じる時は、これらの方法で効率的かつ快適に対処することができます。

これで、ケノンを使った美容ケアがもっと楽しく、ストレスフリーになることでしょう。

  • この記事を書いた人

ももも

夫婦で医療脱毛や脱毛器を使って全身ツルツルです。 自分の体で実際に検証した結果を包み隠さず発信しています。

-ケノンの効果的な使い方